最近 ターンオーバー気味ですが 紅葉の進展と同時に好転してくると思います。

伊自良湖は 15cmにもなる程 餌が豊富です。水質が悪くなると 渋くなります。冷たい雨が降ると水温が下がり第2の波 活性が上がると思います。 ブラックバス等の天敵がいない事も 群れにならない原因の一つ。伊自良湖のわかさぎは悠々自適なわかさぎライフを過ごしているのかも! でも水温が下がると群れになります。あと少しですね 群れになっていない今は 逆に初心者にとってはいいと思いますポイントや棚が少々ズレても釣れますから 数釣りももうすぐ

最近のアベレージ50

昨日は南ロープ東 あまり良くなくて、西ロープ3/4北(手前)第4階段で岸から釣れたらしいです あまり魚探エレキで走り回る人が来てないので 新しいポイント見つけれてないです。孝洞奥や湖中央第4階段と第3階段の間とか探ったら、面白いかも🤣 そろそろアンカー固定の出番です⚓️

今日は 50ー60匹

南ロープ東 棚は6m(水深9m) 昼間は暑くなりました。全ての人が朝 ここに集まるので 朝の別の場所の状況はわからないです。他の情報では、水深3mもなんとメガワカサギは水面

伊自良湖は ロープ固定がメインです

南ロープ2本 その南にブイ(ここから南は進入禁止)西ロープ 一本杉考洞ロープ(東ロープ)北ロープ(カーブミラー前から桟橋まで)ここに漕いでいたオールを抜いて 残ったオール受けに張ってあるロープをひっかければ、簡単に固定できます。湖あちこちあるオレンジ色のブイとブイの間にはロープが張ってあります。ロープの無いところではアンカー固定です。ボートにある重りを下すだけです。下ろすときは 周りで釣っている人に配慮しましょう 自前のアンカーを準備して 2点とめをすれば完璧 第3階段には 3本のロープが岸に止めてありますんで 勘考すれば2点とめが出来ます。 。

匿名さん情報です

7時から9時まで 南ロープ東 魚影濃く 100匹ぐらい釣れました 9時過ぎたら ほとんど魚の反応無し たまに 白南風 モロコ  7時から12時までで120 メガは一匹かかるも水面でサヨナラ でした

© 2014 ラブレイク(旧ニューいじら湖荘)