• Admin

ワカサギの成長について(1年で成熟として)


春、卵から生まれたワカサギは湖の中で成長をはじ  めます。6月頃から群れはじめ湖沼の水温上昇によっ  て増え始めたミジンコなどの、プランクトンをもとめて湖  を泳ぎまわリます。    この頃は、ワカサギの群れが湖面を泳ぎまわりなが  ら、さざ波を立てているのが時々見られます。ワカサギの成長(体長)の延  びは6月~9月頃が成長率が大きく、体重は10月頃の  増加がもっとも大きく、その後水温が下がっても、わづか  ずつ成長を続 けます。    群馬県内のダムや貯め池などをはじめ多くの湖にワ   カサギが生息していますが水産試験場の調査などで  は、群馬県南西部の湖では当歳魚がほとんどを占めて  いて利根郡内のダム湖や赤城大沼・榛名湖では2年魚  が多数生息しているとのことです。

生息数が多い時はワカサギの成長が悪く  、生息数が少ない時は、比較的大型に成長する

ワカサギは、う化直後は卵のうの栄養分で育ち約1週間  程度で口があいてエサを食べられるようになります。4月~  5月頃は、ワムシや小さい植物性プランクトンを捕食してい  るようで体長は2~3cm程度です。   その後、水温の上昇とともにミジンコが増えてくるので、盛  んに捕食します。秋になると湖底からユスリカが羽化のため  に浮き上がってきます。ユスリカが羽化のために浮上する時  はさなぎの状態で浮き上がってきます。   この時期になるとワカサギは体も大きくなり捕食できます。   冬になると湖のミジンコ類も減りワカサギは、岸よりの水草  の近くや浅瀬のそこに棲むユスリカの幼虫などを捕食します。

水深4mから沖には多くのワカサギが居ることを示し、密度 から夜間は散らばっていることが読み取れます。  夜間、魚が寝ている間はミジンコ類の活動が活発です。ワカ サギ達は未明から起き出して群れを作り浅場のプランクトン を捕食していると思われます。  太陽が昇るとプランクトンは底の方へ移動しますのでワカサ ギは回遊しながら深場へと移動します。  夕方、暗くなるにつれ個々のワカサギはエサを追い求めな がら群れを解いて湖の中に散っていきます。


393回の閲覧

© 2014 ラブレイク(旧ニューいじら湖荘)