• Admin

急な温度変化が 激渋の原因 で でかワカサギ仕掛けを準備してみた!


湖の表層の 水温が0度になり、季節風が強く吹くと湖流が発生し小規模な. ターンオーバーが発生し ます。この冷たい水がドンドン下の層まで下がって. くると、宙層に散らばっていた ワカサギの群れは湖底の方へ逃げて行きます。 釣り方は湖底狙いで十分なのですが、 冷たすぎる水が強風により下がってくると. 急激な温度変化により活性が下がります。 いわゆる「激渋」状態ですね。


509回の閲覧

© 2014 ラブレイク(旧ニューいじら湖荘)